2011年2月21日月曜日

迷惑駐車

今日のこと、19時半に自宅に帰ってきたら、月極めで借りている駐車場に見知らぬ車が停まっている。

今までに何度もこんなことがあって、それは駐車場の向かいの方(ご近所さん)へ用事があって来ている人がほぼ100%であった。

ご近所とはいうものの、これはこれ!と以前に懇々と説教してから、随分と改善されてきてはいたのだが、この1週間に2回目の迷惑駐車であり、そのご近所さんが停めているわけでもなく、そこを訪れる奴が停めているわけで、狭いコミュニティー、カチコミは避けて、ワイパーに張り紙して自宅待機していた。

だいたい、夜の21時までにいつも電話がかかってくるのだが、今日はない。

迷惑駐車の車を塞いで出れないような形で俺の車を停めたので、周囲から見れば俺の車の停め方が輩である。かっこ悪いので早くフォーマル駐車をしたくてたまらない。

22時半を過ぎても電話がない。今週ある試験への勉強もしなければならないし、辛抱限界、ポリスに電話した。

すぐに持ち主に電話してくれて、先方が慌てて駐車場に出てきた。

俺の駐車位置は12台の月極め区画の中で、1番道路側に面した位置にある。つまり、向かいのご近所さんのところに行くには1番歩く距離が短い位置である。

出てきた奴らは50代の夫婦、見たところ奥様の足が不自由なようである。

へらへらとまではいかないが、とてもじゃないが真剣に感じられない謝り方で、「すいませんすいません。」と軽く言ってきやがる。

大人になった俺、「何で人の駐車場に停められるの?」と穏やかに聞いた。

するとおっさんが、「空いていたので・・・。すみません。もうしません。」と子供みたいなことを言ってきやがる。

大人の俺は大人を少し放棄した。ご近所関係も一時的に少し放棄した。

「ねぶたいことぬかすな!どあほ! おどれ、家どこや。住所言え!」と言って、住所を控えた後、「おどれの家の駐車場に「空いていたので」って他人が停めたらどないするねん。」と言う。

おっさんは言う。

「はい、困ります。すみません。わかりました。もうしません。」と変わらぬキッズ答弁。

俺は言う。「おどれ、ここではもうしませんかしらんけど、他のところでまた同じようなことするやろ? おどれの神経が信じられんのじゃ! サイドミラー律儀にたたみやがって、何きれいに駐車しとんねん。どあほ」

おっさんは言う。

「ミラーたたむのは、横の車に迷惑がかからないようにと思いまして・・・。」

沸点は着実に上がる。噴火しそう僕・・・・。俺は言う。

「っあああっ??? 横の車の気遣いする立場か????? (俺への気遣いは??)」

かなりの疑問符が噴火を後押しする。

懲役&村八分覚悟の怒りを必死に抑えながら、「50歳にもなって、人の駐車場に堂々と停められる神経が許せんのじゃ。お前は謝ってすむと思っているけど、3時間以上お前の迷惑行為に振り回された俺の怒りはどないしてくれるねん。お前みたいな奴が世の中の迷惑をふりまくねん。」という主旨を、精一杯声を落として巻き舌で柄悪風味で言った。

おっさんとおばはんは言う。

「わ、わかりましたよ。どうすればいいんですか? 彼女は足が不自由で・・・。」と今風に言う逆切れ。


とどめである。噴噴噴噴噴糞噴糞噴~~~~~~~~~~~火!!


「なにお~~~~~???? 足が不自由やったら人の月極め停めていいんかい? 甘えるなぼけ! お前の都合なんかこっちは知らんわい。 障害あるのを理由にしょうもないことぬかすな! 足悪くて困っているんなら、張り紙でもして、「~~という理由で停めさせてもうてます。~~にいます」って書いとけ! 最低限のことできんで障害を武器にするんは、他の人に失礼じゃ! ねぶたい顔、雪で洗ってこい!」

障害ある人が困っていたら助けてあげたいと思うのは当たり前だ。バリアフリーへの取り組みを肯定している。

だが、それとこれとは別だ。

迷惑駐車を障害者だからという理由で許すようなことがあれば、それは逆差別だと思う。
「障害がある人を助けてあげよう!」といった一律のキャッチコピーが大嫌いだ。
もし今日のおばはんが障害者意識を誤った方向で持っているならば、それは今までこの安っぽいコピーをさも良いことのように優越感にひたって施しをしてきた周囲にも責任がある。彼らは乞食ではない。

彼らに真の敬意を持つならば、今日の俺の場面はしっかり怒るべきことだと思った。



ご近所さんのおばちゃんが出てきたので、彼女に言った。

「この人ら、ここが人の駐車場ってわかってて停めた上に、障害を理由にしよるから腹がたって・・・。他の障害持っている人に失礼だわ。 別に空いている時は停めてくれて構わないけれど、最低限車に張り紙して理由や居場所書くなりしてくれないと、こちらはただの迷惑なだけですわ。おばちゃんは悪くないから、この非常識な2人におばちゃんからも説教しといて!」と言った。

おばちゃんは平身低頭。おばちゃんが雪かきする時に手伝ってもあげているので、ご近所関係には問題ない。

ほんまむかつく夜であった。


噴火し終わった後、俺は迷惑夫婦に優しく、言葉汚く言った。

「おい、おばはん、寒くて足痛かったやろ? もう他の人に迷惑かけたらあかんで。
おい、おっさん、お前がそもそも奥さんの足のこと気遣うなら、ちゃんとせ~! わかったか? 50にもなってしょうもないことぬかすなよ。気をつけて帰りや。許したる。」

とかっこよく車を見送り、俺はやっとフォーマル駐車と相成った。

怒りに震えたものの、客観的・主観的視点を対等に処理し、なんとか平穏に家に帰った。

障害者に対する見解はデリケートである必要はない。公的な決まりごとが障害者への弱者視点を下回る必要はない。俺は俺の迷惑な感情をがつんとぶつけた。

障害者だからといって迷惑駐車を了解していたら、それは俺の心に邪悪な上から目線が宿っているだけであり、そんな神経は糞食らえだ。

正規に停める権利がある俺が、迷惑駐車バリアのおかげでフリーでない時間を過ごした。
迷惑の主が障害があろうがなかろうが、当然の権利のように人の駐車場に停める輩を許しておく気はない。

障害ゆえ、近くに停めたいという理由があれば、いくらでも融通する。だが、障害があるからといって、人の駐車場に堂々と無断で何時間も停める神経を彼らに育ませるのは、最もバリアを作ることであり、フリーではないと思った。

1 件のコメント:

hiro and kazoo さんのコメント...

こんばんは、
迷惑駐車・・・同意見です・・・。
お疲れ様です。