2008年10月3日金曜日

弁護って何だ?

橋下知事が、光市母子殺害事件の被告弁護団の懲戒請求したことに起因する損害賠償裁判で敗訴した。

被告弁護団の供述書を弁護団の作文とし、懲戒を訴えた結果、被告弁護団には実際に2000件以上の請求がなされたそうだから、被告弁護団もだまっているわけにはいかなかったのだろう。

個人的には、橋下知事のテレビでの発言はまずかったと思う。最高裁にいっても判決は覆らないだろうと思う。橋下氏自身が実際に懲戒請求をして、結果として全国からの懲戒請求があったならば問題はなかったと思うのだが、弁護士本人が、他の弁護士の懲戒請求をテレビで呼びかけるのは、さすがにまずかったと思う。タレント議員としての手痛いミスであったと思う。

ただ、橋下さんが言った主張自体には共感できる。母子を殺害した被告に情状酌量もくそもないように思う。それを、ロマンチックな調書で弁護するもんだから、ついつい頭にきたのだろうと思う。

以前のブログでもふれたと思うが、幾度となく疑問に思う。

光市の事件や、秋葉原の事件なんかの被告に対して弁護をつける必要があるのだろうか?また、凶悪犯罪の被告弁護を担当する弁護士の方は、どうして引き受けるのだろうか?ということだ。

それぞれの弁護士に弁護哲学があるのだろうが、上記の事件の被告の凶行は、なされた事実が全てであり、情状酌量なんて余地はないように思えるのだが、それでも被告の人権に加味して弁護をつけざるを得ない司法状況、そして、それを受任する弁護士の気持ちがまったくわからない。

一昨日の、大阪の個室ビデオ室で放火事件が起こった。今日のスポーツ新聞報道を見ていると、犯人は、離婚、退職、ギャンブル、借金などによって、「何もかもが嫌になった。」と言っていたそうだ。

離婚・・・、つらいでしょう。 退職・・・、次を探しましょう。 ギャンブル・・・一種の病気でしょうから治療しましょう。 借金・・・しらんがな。

上記4つの犯人曰くの主張は、「甘えるな」の一言だ。だが、それらが原因で、「何もかもが嫌になる」心境自体はわからないでもない。甘えも含めて根本的に治療が必要だったが、それに至らなかった部分を情状酌量として、他者が解決に向けて協調してあげることは悪くないと思う。

だが、それは犯人が自分の中で苦悩しているだけで終わったならばのことだ。苦悩がそのまま他者攻撃に繋がる理由がわからない。

何で火をつけるねん!何もかもがいやになったなら、自分に錘でもつけて、深海に消えろ! なんで他者を巻き込む事態に発想と行動が向くねん! 

自己憐憫を放火で処した奴、そしてそれが多くの死者を出した。事例が全てであり、どんな理由があったにせよ、こういった反抗を犯す奴の人権を認めたら、人権自体が歪んでしまう。当たり前に生きる権利を、こんな害虫に奪われた被害者の人権と無念は、心的支えを含めて税金を使って守ってあげなければならないが、それを奪った奴に人権を認めることは、被害者への冒涜に他ならないと思う。

被告に弁護をつけるのは当然だ。痴漢などの冤罪は後を絶たないし、被告・原告という立ち位置自体が裁判を起こした方、起こされた方という立ち位置にすぎないのであるから、法廷で公正な裁きを行うのは司法国家として当然だ。

だが、結果が全ての事案というものにも法律上弁護士をつけなければならないシステムなんていうのは、法律を作り出した人間が、法律に縛られ、人間本来の心を放棄した結果の茶番裁判であるように思える。

凶悪犯罪の奴に弁護をつけず、一方的にすぐに判決を下したところで、それを法解釈として大らかに受け入れられるだけの素地が人間にはあるように思う。厳密に言えば、凶悪犯罪は、法が裁かなくても人間として裁くべき事案であり、法適用外であると思う。さっさと海の藻屑にするか、焼却すればよい。

害虫が来たら農薬で殺める。熊も鮫も人間界に現れたらすぐに殺される。そこに命の重さを問いかける尺度はない。凶悪犯罪にいたる奴らは害虫、熊、鮫ほどの命の重さも持っていない。罪のない人の命を軽く扱った奴の命が、法律で重く扱われることは、どう考えても納得がいかない。 

刑務官の手を汚すほどの価値もない。足で転がして焼却場にでも入れてやればいいのだ。

一般市民による裁判員制度というものが始まるが、この活動が、馬鹿げた事案に被告人調書を必要としない素地作りになればいいと思う。弁護って何だ?

4 件のコメント:

さいとう さんのコメント...

弁護ってなんだ?

この問自体は哲学的ですが、前けんさんの今回の疑問は比較的一般的なものです。

僕もプロの弁護士として、この手の疑問にはいくつかの解答を容易しています。

ネットで感情論を展開するのは不毛ですら、飲みながら話しましょうよ。
というか、前けんさんは心の恩人ですから、そのうちお礼にうかがいます。

ただ、橋下の行為はただの人気取りなので、訴訟に負けるのは当然ですよ。
共感してる場合じゃありません。笑

管理猿まえけん さんのコメント...

>さいとう氏
プロのお言葉、しっかり受け止めました(笑)すごく庶民レベルの感情論に冷静に判断してくれてありがとう。
弁護士って仕事に携わる人の、心の恒温性が、どうやって維持されているのか、すごく興味あるし、色々話したいですわ。

いつでも来てくださいよ。お祝いもまだやったしね。

拾得でゆっくり飲みたいですな。うちの嫁も会いたがっております。

さいとう さんのコメント...

あー。なるほど(笑)

まえけんさんの考えを指して不毛な感情論だと言ったつもりはなかったんすよ(涙)

どうせお互い究極的には感情論的な話になるし、その方が面白い。
ただ、感情論的話をネット上文字でやり取りするのは不毛だし、口頭での方がニュアンスが伝わりやすくていいのでは?という趣旨でした。

まえけんさんへの愛と尊敬を行間に補充して読んでいただけるとありがたいです。

それにしても、あらためて読むと自分のコメント、冷たい感じがしますね。
気をつけねばなりません。
自戒します。
ごめんなさい。

管理猿まえけん さんのコメント...

>さいとう氏

なんか気を遣っていただいて恐縮だわ。愛と尊敬、もったいないぐらいですが、いつも恐縮しながら感じております(笑)

貴殿のコメントは的確やし、冷たいという感じは受けませんよ。心ある法曹界の宝として、こちらも愛と尊敬持っています(笑)

ネット上文字での感情論は不毛やけど、ネット上の尊敬し合いも何だか変やな(笑)

ほんま飲みませう!