2008年9月5日金曜日

原チャリ

ガソリン価格の高騰からだろう、富山県でも最近よく原チャリをみかけるようになった。都会と田舎における、車の運転手の大きな違いは、左折時に左ミラーを真剣に見たり、左を目視したりするかの違いだと思う。原チャリが田舎は少ないので、巻き込み確認をする必要がほとんどないのだ。それに比べて都会では、うじゃうじゃ原チャリがいる。この差は大きい。

原チャリには思い出がたくさんある。

俺が原チャリ免許を取ったのは、大学合格が決まった直後であり、高校生の最後の最後になってだった。俺の親友なんかは、学校に内緒で取っては、既にぶんぶん乗り回していた。
俺が免許を取った日、親友は俺に「運転を教えたる」と意気込んで、俺を連れ出した。

大きな交差点の手前数十メートルの所で、親友は俺を止め、こうアドバイスした。

「いいか、今から最大の試練、右折を教えるわ。びびんなや! 俺と同じタイミングで指示器出して、ついてこいや。もし、どうしてもだめやったら、まっすぐ行って止まっていたらいいから・・・。」

俺は、「誰がびびるかい! たかが右折やんけ!」と心では思いながら、得意げに教える親友の、真剣な眼に遠慮して、「お、おう。わかった。ついていくわ。頼むで師匠!」と持ち上げた。その時の親友の得意げな顔・・・。 笑いをこらえる試練があった。

親友の指導を経て、原チャリを乗り回し始めた俺だったが、最初はおかんの原チャリを借りていた。

京都で下宿するようになった1回生の夏、俺は生協で「JOG」を新車で買った。
納車された翌日の早朝4時に目が覚めて、俺は京都市北区から高尾まで運転した。ちょうど今くらいの季節だったろうか?少し肌寒い気候の中、原チャリを走らす俺はフリーダムだった。往路だけだったが・・・。

帰り道に警察に捕まった。スピード違反だ。納車翌日の違反切符だ。
その後、10日で2回捕まった。京都市内に多い、一方通行なる交通法規は、俺のフリーダムの辞書になかった。だから走った。捕まった。1度は反抗して、こん棒で殴られかけた。

違反切符と未納の罰金を抱えた3週間後、俺のバイクは白梅町で盗まれた。俺は西陣署に被害届を出したが、未納を諌められた。怒られる被害者であった。

被害届を出した翌々日にバイクは発見された。愛車のボディーには、ヤンキー御用達のスプレーで、「滅」と「太秦連合」と書かれていた。帷子ノ辻辺りに乗り捨てられていたらしい。直結されて無残な鍵穴、暴走族使用のコスプレ! 俺の愛車は変貌していた。修理をあきらめた。愛車に対して愛着がわくまでもない、短い間の、第一次原チャリ期だった。

1年後、2台目のバイクを中古で手に入れ、愛用したのだが、今度は2週間で3回捕まった。1回は一方通行違反、2回は二人乗り、俗に言う、「ニケツ」という奴だ。ケツにいたのは、うちのベースの明君だ。円町と北野天満宮で捕まった。俺達は金ケツを共有した。
このバイクも盗まれたのだが、結局出てこなかった。第二次原チャリ期も儚かった。

第三次原チャリ期は事故期だった。一時停止ミスで車の横腹に特攻したのが1回、もう1つは、20歳の誕生日にヤクザのベンツにオカマを掘った事故だ。過去ブログで書いた記憶がある。地上げ屋さんの高い高いベンツであった。

この第三次原チャリ期を最後に、俺は自己所有の原チャリをしばらく持たないようになる。

先輩に借りたバイクで、当時付き合っていた現嫁をケツに乗せて走ったことがある。河原町から七条の嫁の住んでいた寮まで送りに行ったのだ。

ポリスとヤンキーを避ける為、出来るだけマニアックな道を走ったのがいけなかった。五条を過ぎた辺りで、小路に迷い込んでしまった。急にでっかい駐車場が目の前に現れ、高級車の見本市みたいな光景が現れた。

京都の任侠組織、会津K鉄会の本部前に出てしまったのだ。深夜の時間帯に、排気音のうるさい原チャリに二人乗り! ちょうど、抗争中であり、萬田の銀ちゃんと菅原文太さん風の人が、こちらを凝視していた。カチコミと思われて射殺されていても文句は言えなかったであろう愚かな迷い猿と相方であった。

雪道でスリップして、宇治東インター近くの坂を十メートルぐらい斜滑降した思い出、座席シートにウンコを置かれた思い出、堀川五条の交差点右折時にガス欠した思い出・・・、何だか悲しい思い出ばかりだ。

大活躍したこともあった。俺の下宿の引越しは、現チャリでしたのだった。金閣寺近くから西大路太子道まで、5往復で引越しを終えた。

どんだけ少ない荷物やねん・・・。やはり悲しい思い出だ。

最近は、真面目に原チャリを我が家に導入しようかと考えている。俺にとって、第四次現チャリ期となるのであろうが、今度はどんなドラマが待っているのだろう。
良識をわきまえた大人の俺、フリーダム幻想もなくなった俺、特攻精神も控えめになった俺、ウンコを置かれる恨みも買わなくなった俺・・・。今なら良い思いでを作れそうな気がする。

2 件のコメント:

Takabo さんのコメント...

まったくどのエピソードもどらまちっくでまいっちんぐ!
深夜笑いを堪えつつ拝読~(爆)
次回原チャリで登場されたらきょわいかも~(笑)

管理猿まえけん さんのコメント...

>TAKABO

どらまちっくやろ?でも実話やで(笑)

原チャリニケツ、いっちょする?一緒に監獄社会見学しますか?(笑)

河口湖、お気をつけて!