2007年12月13日木曜日

北にまつわる戯言

仕事の帰り道、堤防の道を5キロほど走るのだが、最近は、よく後続車両に追い抜かれる。俺が特に遅いわけではない。60キロぐらいで走っているだけだ。

追い越しをかける奴らは、すごいスピードで接近してきて、早く抜かせばいいのに、わざと数百メートルは、あおってくる。後ろでいらいらしているのがわかるので、俺は左にウインカーを出し、奴らを抜かせてあげる。俺は心でつぶやく。 「ピースマークを贈るぜ!」

前を40キロぐらいでちんたら走っている車とよく遭遇する。昨年前での俺ならば、ハイビームにしたり、車間を詰めたりして、間違いなく精神的苦痛を植えつけてから追い越していた。
今年は、低速の車を見かけても、きっちり車間距離をとって、鼻毛でも抜きながら、鼻歌を歌いながら、快適なドライブを楽しむ。

一昨日、嫁を会社に送っていく時に、前でぐずぐずしている車を見かけた。右折するのかせんのかはっきりしない翁の車だ。昨年までなら、クラクション攻撃をかました後、窓を開けて、唾を吐き、「ぼけ~!だぼ~!」と捨て台詞を吐いていたものだが、今年の俺は違う。 じっと止まり、彼が気の済むまで動向を見守った。嫁が驚いていた。「いらいらせんようになったね。」と言っていた。

今年になって、格段に運転マナーが良くなった。まず、車内で新聞を読まなくなった。昨年までは、新聞を運転しながら読み、運転しながら新聞をめくり、几帳面にめくった紙面の折り目をただし、競馬予想も走行中にしていた。もちろん馬柱に印をつけながらの運転だ。論文を書きながら運転していたこともある。

去年までなら、吉野家の牛丼は車内で食べていた。走行中にだ。俺は、走行中に箸を使いながら、平気で食べていた。

去年までなら、360度よそ見をしていた。よそ見をしながら、運転中にスーツから私服に着替えたこともあった。ズボンを履きかえるのは難しかったが、それでも、止まることはなかった。今年は180度までのよそ見である。それも、一瞬のよそ見である。

去年までなら、黄色信号は、「まだまだ行ける。」、赤信号は、「注意して渡れ!」という、浪花の負のスローガンを地で行っていた。今年は、確実に止まる。

全てが全て、事故のおかげだ。昨年末の事故に対する感慨と感謝は、過去のブログでも多く書いてきたが、今まで、上記のようなヤクザな運転マナーで、加害者にならなかったことを、改めて感謝する。

鉄の塊は凶器である。凶器を振りかざしながら、風を切っているという意識が、自然に起こってきて、細心の注意を払うようになった。良いことだ。凶器を走らせている時に、携帯を使うのも芳しくない。まして、2チャンネルなんかを見て運転している奴なんかは、吐き気がする。やめたほうが良い。俺はアドバイスを贈る。2チャンネルを見ているのがなぜわかるかは、ここでは触れない。品行方正な俺の都合だ。

田舎は老人が元気である。毎週のように、高齢者が轢かれている。その過半数は、老人という性質上、死んでいる。なんせ、平気で右に寄れたりしてくる。危なくて抜かせない。耳が遠いとか色々要因はあるのであろうが、彼らの一番の欠点は、My way 意識が強いことだ。迷わずに自分の道を歩いてくれるのは結構だが、物理的な道を歩いてほしくない。国道や県道を縦横無尽、斜めも駆使して、自分のペースで歩く。おまけに、夜でも外出する。黄昏時は特に怖い。家路の最短距離を歩こうとするからだ。おまけに自転車も駆使する可能性が高い。少しマナーの良い翁でも、手を地面と平行に出すと同時に、出した方向によれてくる。目視も、後方確認もあったものではない。

昨年までの俺のような運転であったら、彼らをKISSやAC/DCの世界に誘うのは時間の問題であったろう。今になって、過去の運転マナーの悪さに驚愕する。

品行方正となった今、恐れるものは何もないのかもしれないが、12月は俺の中での危険月だ。
今までの怪我という怪我は、全て12月である。

中2の時に、田んぼでラグビーをしていて、転んで、右手の中指がグーとは逆方向に曲がったこと。20歳の誕生日にヤクザのベンツに原付バイクで突っ込んだこと。その2年後に交差点で、ヤクザっぽい車の側面に出会いがしらに突っ込んだこと。工場でコンクリートが太腿に落ちてきたこと。吹雪の中、用水に落ちたこと。そして、昨年末の正面衝突事故・・・。全て12月の出来事だ。

そして、さらに気が付いた。上記の事故は、偶然とはいえ、全て北向きで起こしているのだ。北は俺にとって鬼門だ。そういえば、側面衝突した事故の相手は、喜多さんだった。喜びは多くない。冥土の五十三次に同行したくない。

よくも、ま~、死ななかったことだ。しかし、次に起こす事故は、俺の中で臨界点を突破する気がする。
穏かに、自らの怠慢が事故を呼び込むことがないようにしたい。その上で、俺の体に雷が落ちてくるような事故があるならば、それは天命だと受け止められると思う。

事故について色々思索をめぐらせながら、今日の帰路を北向きに走っていたら、曲がる道を忘れていた。過ぎてから気付き、公道の途中で、南にダイナマイトユーターンをした。あれほど、運転マナーがよくなったな~と、感慨に浸っていたのにだ・・・。 鬼門はまだある。

俺は方角フェチではない。しかし、北向きの時には特に注意しようと思う。  キタ━(゚∀゚)━!

4 件のコメント:

Takabo さんのコメント...

毎度!
はふぅ~読みふけってしまったわ~(笑)

私の鬼門てどの方角なんだろう?
ホント穏やか~に何も無い人生のような気がしてきたわ・・・(爆)

今年は無事に師走を終えて下さいネ。

管理猿まえけん さんのコメント...

TAKABO~ありがとう。
貴女は清いから鬼が寄りませんがな。

過去ログも辿ってに。字量多いよ~(笑)

Taka さんのコメント...

辿ってる辿ってる。読み甲斐ある~~(笑)

管理猿まえけん さんのコメント...

ありがとう。後に残るものはないけど、真面目に書きますわ。