2008年12月29日月曜日

ライブ後記

昨日のチープハンズ、「拾得」ライブへご来場いただいた方々、激励メールいだだいた方々、そして、CHAINS御一行、エンヂン御一行、本当にありがとうございました。

自分たちの演奏力はともかく、じんわり感動しながらライブが出来たと思う。今日午前中、帰り道の道中は、心地よい余韻に包まれながらであり、渋滞もなく快適に職場へ到着。寝不足が続いているが、音楽がらみの寝不足は苦にならない。至福の時間を過ごせた。

「エンヂン(from 浜松)」
初めて見たのだが、凄まじいテクニックに圧倒された。何より素晴らしかったのが、圧倒的なテクニックを持ったバンドによくあるスピリッツの希薄さがなく、ハイソウルをハイテクで出されていたので、俺は1人の客としてエンヂン全開で音世界に入っていけた。素晴らしいバンドだと思う。みんないい人やし、気さくに話しかけて頂いて、重ねての感謝だ。いつかまた一緒にやりたいな~と、浜松での再会を誓った。

「CHAINS」
改めて言うまでもないが、俺はこのバンドが好きである。テクニック的には笑えるくらいのハイレベルであり、貫禄十分なのだが、全く嫌味がない。曲が素晴らしい。歌世界も素晴らしい。そしてライブを絵的に捉えても素晴らしい。今まで何度も見てきたが、個人的には今回のライブが1番良かったと思う。脱帽である。ますます好きになった。イベントに呼んでもらって多謝だ。出来る限り、また以前のように恒例対バン体制を作りたいものだと改めて思った。イッツ・ロック!

「チープハンズ」
テクニック的には、無条件でローなのだが、それも含めて、らしさは出せたかと思う。新曲も用意して臨めたし、ぶち切れ方も以前のような体力任せでなくて、じんわりにじみ出る切れ方であったと思う。だがだが、改めて今回はわがローテクについて思い知った。15年間弾いているリフが未だにちゃんと弾けていないことに初めて気がついた。普通、嫌でも上手くなるものだが、これだけテクニック進歩がないバンドも珍しいと思う。進歩しない才能というものがあったら、俺たちは無敵だ・・・。 テクニックを超えた部分で存在を許される何かがあると、好意的な自己解釈をしている。テリーさんにもほめてもらえたし、新曲の評判もよかったし、再始動に向けた布石は打てたと思う。

ライブ後は、楽しい「拾得」での酒宴であった。なんせ久しぶりに会う人が多くて、積もる話もあるのだが、限られた時間であり、とても満足のいくまで話すことは出来なかった。だが、じ~んとくる時間の連続で、酒宴がいつまでも続いて欲しいと思った。お互いによい歳のとり方をしているなと、素晴らしき俺の交友運に感謝である。

ライブ前日は大阪の実家に泊まった。ゆっくり寝てライブに臨むつもりだったのだが、猫毛アレルギーからか、鼻がつまってくしゃみが出て、短時間で目が覚めてしまった。仕方なしに、朝の5時に家を出て、電車で京都に上陸し、朝の京都市内を4時間ほど散歩した。

島原界隈の遊郭跡や、鴨川周辺、祇園界隈、某893組織本部前、歩いても歩いても楽しくて、全く疲れが出なかったのだが、「なか卵」に入って座った瞬間に足がつった。さすがに脚力が落ちている。

仕方無しに、ベースの明君が難民キャンプしている、インターネット喫茶に入った。中にはいり、明君に電話をする。左耳に携帯からの声、右耳に肉声。 明君の声がステレオで聞こえた。仕切りを隔てた横に奴がいた。

明君を連れて、急遽温泉に行くことにした。俺はネット喫茶に入って15分で明君を連れ出し、地下鉄に乗って竹田の天然温泉にいざなった。久々に見る明君の裸体は、見本のようなメタボであったが、彼は否定した。俺は腹をどついた。彼は腹筋を強調した。確かに筋肉はあった。メタボで突き出た腹に筋肉をつけられる彼は、ニュータイプのメタボリアンだと思った。

入浴後10分で、「立ちくらみがする」と言うひ弱な明君。「へたれ豚野郎! 外で待ってろ!」と俺は泰葉もびっくりの罵声を浴びせて、彼を浴外に追いやった。

俺がゆっくり湯浴みして上がると、彼はまだ着替えていた。「ぐずのろま!黒髪豚野郎!」と俺は再度、泰葉言葉で彼を責めた。俺が罵声を浴びせている間、彼はコインロッカーから落とした100円を探していた。

休憩室に仮眠スペースがあった。さすがに寝不足の俺は、仮眠体制に入った。眠りに入ろうとすると、横から明君の声。「最近、中国の黒社会はどう?」と俺に聞いてくる。俺は地下にもぐったスパイか! 

眠りを妨害された苛立ちはあったが、優しく「明君も少し寝とかれ」と俺は大人の対応をした。そしてまた5分経過。

うとうとしている俺の左耳に、「阿Q正伝って読んだことある?」と明君の声。相変わらず話題が唐突である。それから中国辺境の状態について彼は語りだす。俺は仮眠をあきらめた。彼の今の興味は中国黒社会と辺境治安情勢にあるみたいだ。お前はスパイか!

本番前に珍しく緊張していた明君がいた。 明君に飴と鞭を与える俺と、放置プレイに徹する他の2人!  バンド内の人間関係は従来と変わらぬものであり、ブランクを感じない独特で秀逸な間が、音だけでなくメンバー間の人間関係にも確かに存在していた。これが大事な点だと思う。

また繋がっていけそうな気がしている。よい年末であった。

2 件のコメント:

ラリー さんのコメント...

おつかれさま。
ホント、良い宴だったね。
お疲れの出ぬよう。

管理猿まえけん さんのコメント...

>ラリーさん

ほんま楽しい宴でした。復活の場を与えてもらって、ただただ感謝です。
「24」ネタで、誰も入れない俺たちの会話は面白すぎました(笑)
咽の心配がなければ、もっとしゃべくりたおしたかったっす。
吹き替えの楽しみ、かなり得意げです。明日以降、またCTUにこもります(笑)ほんとありがとうございました。